多くの仲間に頼り頼られ、自身の役割を果たしていく
そこにある「やりがい」をどこまで大きくしていけるか
決めるのは自分自身の動き方

総合職

田住 紘康

商品部 課長
2002年 入社

現ココカラファイングループの店舗において、大学時代からアルバイトに従事。その際出会った店長の隙のない働きぶりに感銘を受け「卒業したらこの会社で働こう」と早々に決意。その後バイトを続けるなか、お客様のためになる接客を展開する社員の姿に憧れて、自身の働き方の目標を見定める。「大学に入ってもまだ見えなかった将来の目標が、一気に定まる大きな経験でした。入社時には会社に対し、過大なほどの期待を抱いていたかもしれませんが、それを裏切られることはなかったと言い切ることができますね」

商品選択の精度をさらに上げ、もっとみんなに喜ばれるものを
店舗に立つ機会は減ったとしても
気持ちだけは、いつもお客様に寄り添い続ける

店舗で扱う商品の選定から値付け、販売方法の決定、売れなかった商品の後処理まで、品物の動き全般に関わるのがバイヤーという仕事です。何を重点品目とし、どのように販売促進を行うかなど、自らのアイデアを盛り込みながら業務を遂行することができるので大きなやりがいが得られますが、同時に相応の責任も求められる立場だといえるでしょう。この仕事に就いていてもっとも喜びを感じるのは、市場を調査し「これなら売れる」と確信した商品が、各種施策と連動してヒットしたとき。自分の狙いが当たったことも嬉しいですが、お客様に歓迎される商品を見極め、提供できたと実感できるのがいいですね。もちろんその結果を導いた要因のひとつに、私が感じた商品の良さをお客様に確実に伝えてくれる店舗スタッフの存在があることは忘れません。バイヤーというと華やかな仕事との印象を持つ人も少なくないでしょうが、実際にはたくさんの人に支えてもらわなければ成果を上げることはできない地道な職務なのです。また、売上という実績をつくるため、店舗の現実的な動きとともに、そこに立つスタッフの思いまで汲み取る必要が出てきますから、豊富な現場経験があるほうがバイヤーとして活躍できると思います。
私は「任せてもらう」責任が欲しくて社員になったタイプですし、自ら仕事を見つけて新しいことに取り組んでいくのも好きです。幸い、ココカラファインはそういったチャレンジ精神を歓迎する社風であり、上司も身近で何事につけ判断が早いです。このフットワークの軽さは企業としての大きな武器であるとともに、私自身を次のステップへと導いてくれるきっかけにもなり得るものと捉えています。

これまでのキャリア

2002年〜
販売スタッフ・店長時代
入社当初は、社員としての責任を課せられることそのものが嬉しかった。反面、アルバイト経験が長かったことから、店長になってからが本当のスタートという意識もあった。運営・経営に対しては常に高い関心を持っており、店長就任後はスタッフ一丸となって目標を達成することに大きな喜びを感じていた。
 
統括店長時代
メインとして運営する店舗を持ちつつ、そのほか複数店舗の運営にも携わる。尽力していたのは「自分を超えていけるだけの力を備えた人づくり」。物事を広く捉えることができるようになってきていたものの、その視線は主として社内に向きがちだった。
 
バイヤー
メーカーなど外部の人と接する機会が一気に増え、仕事内容も大きく変わって視野が広がる。今後はさらに手がける商品カテゴリーの幅を広げ、あらゆる角度から「お客様に役立つもの」を提供していくことに努めたいと望んでいる。

頭と身体すべてを使って先を読み、最後まで責任を全うする
ー バイヤーを目指してみたいというあなたに ー

バイヤーにとって大切なのは「自信を持って何事かを決断すること」でしょう。それなりの根拠を持って売れるとアピールできなければ、販売するスタッフにも不安が生まれます。自分の足を使っていろいろなお店を見に行き、商品そのものの情報を集め、それが活用されるシーンを想像し、さらにはお客様にとってその品を買うことがメリットになるかを熟慮する。これらは、業務遂行に必要な動きであるとともに、自信を生み出すもとにもなります。ときには「これ!」と思った商品が売れないこともありますが、その場合は責任を持って最後まで処理できればそれでいい。そこまでやり抜く覚悟の有無が、バイヤーの向き不向きにつながってくるのかもしれません。

ベースとなるのは常に「店舗」、そこから道は広がっていく
ー 未来の仲間に送るメッセージ ー

目指すなら、より高い立ち位置を。私はそうお勧めしたいと思います。もしも今目標とするものが見えていなくても、ココカラファインに入社して経験を積むうちに、必ず関わってみたい「何か」が出てくる。ですからまずは、お客様とたくさん話し、そこから得た情報を活用しながら業務に取り組んでみてください。真面目に仕事に向き合えば、お客様のために何をするべきか、そのために店舗をどう変えていくべきかといった部分にまで考えが及んでいくようになるでしょう。すると不思議に見えなかったものまで見えるようになり、仕事にも広がりが出てきます。その結果、バイヤーに挑戦したいと思ったら……歓迎します! 私もその頃にはもう一段階キャリアアップして、あなたのサポートができるだけの存在になっているつもりですから。

PAGE TOP