まだまだ「新人」。だからお客様はもちろん
スタッフの動きにも注目しながら
気軽に立ち寄れ、相談できる店舗の雰囲気づくりに尽力を

全国職

小住 航

ドラッグ事業部
2015年 入社

管理栄養士、登録販売者、栄養教諭、アロマテラピー検定1級の資格所持。学生時代から接客のアルバイトに従事。人と身近に関わりつつ、ココロとカラダの健康に貢献できる仕事に就きたいと希望して、ココカラファインに入社。「入社1年目ということもあり、自分が何が『わからない』のかわかり始めてきた時期です。そのぶん焦りもありますが、ゆくゆくは先輩方と同レベルまで到達したい。そして、いずれは管理栄養士である自分を活かしながら独自のスタイルを形づくり、何かしら新しい挑戦をしてみたいと考えています」

お客様のちょっとした悩みを、商品を介して解決したい
その実現のため、自分が現在「持っているもの、いないもの」を把握して
本当の意味で健康づくりの貢献に結びつけていけるように

さまざまな商品が並ぶ店内、私はドリンク売り場を担当しています。商品の発注や補充だけでなく、売り場のレイアウトを考えるのも仕事のひとつ。まだまだ経験不足なので失敗もありますが、先輩スタッフや店長のアドバイスを取り入れつつ、効果的な商品配置を考え、展開するよう心がけています。
とはいえ、私が関わるのはドリンクだけではありません。気になる商品の前に立つお客様にお声がけして、管理栄養士の立場からその効果について説明したり、そこから健康にまつわる日ごろの悩みを聞き出して適した商品をご紹介したりもしています。店舗で特にお勧めしている商品は、何かしら「強み」を持ったものが多いため、自信を持って紹介できます。そうしてお勧めしたものを購入されたお客様が「すごく良かった」とひと声かけてリピートしてくださる姿を目にできるのは、店舗に立っているからこそのやりがいです。
より生活に近いところで健康に貢献できるのが、ドラッグストアの良いところ。けれどそのぶん、扱う商品に責任を持つ必要もあるでしょう。その意味で役立っているのが、各種研修。説明書や専門書などを読んだだけではわからない実践的な知識を与えてくれるため、非常に参考になっています。私が現在意欲的に取り組んでいるのは、専門である栄養以外の分野です。特に薬についての知識をさらに深め、マルチな視点で地域の方々の健康をサポートしたい。幸い、周囲には商品知識についても、接客販売についても詳しいスタッフがたくさんいます。彼らの業務への関わり方を見習い、できるだけ早く「新人」から卒業して、お客様から信頼してもらえる人財になっていきたいです。

これまでのキャリア

2015年
管理栄養士(全国職)としてココカラファイン入社。
2015年 4月
SJ戸塚店に配属。業務の効率化を図りつつ、お客様目線を忘れずに「居心地の良い店内」をつくり出すのが目標。配属数ヶ月後には、地域と提携して開催された特定保健指導にも管理栄養士として参加した。
2016年 4月
SJ宇佐美店に異動。戸塚店とは異なるカラーを持つ店舗であるため、学べることが多そうだと期待している。

周囲の協力を得ながらも、自信につながる結果を残したコンクール
ー 日々の業務、こんなことが嬉しかった! ー

特定の商品をピックアップして、その売り上げを全店、個人で競うコンクールがあります。私も入社1〜2年目の社員が参加するルーキーズコンクールに参加、全国7位の個人成績を上げることができました。商品そのものが持つ特性に、管理栄養士としての知識を絡めてご紹介するよう努めたことが、結果につながったのかもしれません。もちろん、普段から「こんなふうにお声がけ、ご案内をしたら、お買い上げにつながったよ」と成功事例を教えてくださる、周囲の先輩スタッフたちの助けもあったと感じています。
そして、いまだ印象に残っているのは、コンクール期間中に該当商品をお買い求めいただいた妊婦のお客様が、その後わざわざ出産報告に来てくださったこと。その方から「子どもは順調に育っています。あの商品を利用したおかげかもしれませんね」と言っていただいたときには、この仕事をしていて本当に良かったと強く実感しました。

知識の幅と視野の広さが手に入る
ー ココカラファインの人材教育 ー

管理栄養士とはいえ、栄養学のことしか知らないのではお客様のお役に立てない。そう考えて、各種研修には積極的に取り組んでいます。なかでも新人向けの基本教育は、グループで討論、発表する機会が多いため、互いに協力する意識が高まりますね。薬剤師の方と一緒に受講していることにより、専門によっても情報の捉え方、ものの見方に違いがあると知るなど、さまざまな気づきも得られます。
また、研修が行なわれている場では、お互いの経験やうまくいった販売事例を教えあったりすることも。幅広い意味で情報と知識の交換ができるのが研修の良さであり、おもしろさだと感じています。

PAGE TOP