会話を通して患者様を学び
薬についてもあらためて学んでいく
それを確かなベースと化すのは、自分自身の地道な努力

薬剤師

岡島 真利子

調剤事業部
2014年 入社

全国に広く店舗展開しているため、将来生活環境が変わっても継続して働くことができると考え入社を決める。昨今は、患者様とお話しすることが何より楽しく、勉強になるとも感じている。「今ではまるで身内のように、患者様のことが気にかかります。一度、ひどい咳をしている方に薬をお渡しした際、『よろしければここで飲んでいってください』と、お水を差し上げたことがありました。私自身はそれほどのことをしたつもりはないのですが、その後患者様は来店のたびにお礼を言ってくださり、何だかとても嬉しかったことを覚えています」

プロフェッショナルではあるけれど、慢心しない
常に患者様に寄り添う気持ちを持って
日々研鑽を重ねていく姿勢を維持していく

薬剤師として、薬に関するさまざまを患者様にお伝えするのが仕事ですが、ときには逆に、患者様から物事を教えていただくこともあります。日進月歩で発展する医療の世界では、ごく一部の、限られた病症の方にしか使えない治療法などが次々に登場しているからです。私たちは薬のプロではありますが、実際に病気と向き合っているのは患者様。ですから、その方の患っている病気に関して言えば、私たちの方が知識が浅いこともままあるのです。患者様から伝え聞いた新しい療法などについては、当然記録を残して同僚たちと情報共有するよう心がけていますし、帰宅してから自分なりに調べてみたりしています。これは私に限らず、薬剤師なら誰でもしていることでしょう。
私の勤務する店舗に所属している薬剤師は全部で3人。そのため、患者様をお待たせしないように、定期的に決まった処方箋をお持ちになる方の調剤は、時間が空いたときに済ませておくようにしています。大きな店舗では難しいことかもしれませんが、それが私たちなりの「おもてなし」のひとつであるような気がしますね。
そして現在の私の目標は、在宅調剤を実践するときに備え幅広い知識を習得すること。薬についてさらに詳しくなり認定薬剤師の資格を取る、介護についての知識を得るなど、やるべきことはたくさんあります。そうして努力を続けたのち、今とはまた少し違った形で、地域の人々の健康づくりや健康維持に役立てたらと考えています。

これまでのキャリア

2014年
薬剤師(地域職)としてココカラファイン入社。
2014年 4月
ココカラファイン仙川店に配属。調剤業務を行うかたわら、管理栄養士が作成した体に良い料理のレシピをまめに補充し提供するなど、薬以外の面からも患者様の健康を支えられるよう行動し始めた。
2014年 12月
ココカラファイン阿佐谷店に異動。店舗近くの商店街を歩いているとき、マスクをしていたにも関わらず患者様から「お疲れさま!」と声をかけられたことも。ただの薬剤師でなく、「顔なじみの薬剤師」として認識してもらっているように感じ、驚くとともに喜びを感じた。

どんなお人柄の患者様とも、きちんとコミュニケートできるように
ー 日々の業務で心がけていること ー

まずは「最近調子はどうですか」とざっくりとしたお尋ねをし、その後「血圧は?」などのピンポイントな質問をするようにしています。二段階に分けてお尋ねすると患者様の方も答えやすいようですし、私も薬剤師として知っておきたいと思う情報がきちんと聞けるように思います。
また、なかには急いで帰りたい、あまりおしゃべりはしたくないという患者様もいらっしゃいます。それでも、私たちには少なからず「聞かなければならないこと、言っておかなければならないこと」がある。そんなときは、お会計の際にかかるわずかな時間を利用します。これは「そういえば、お会計の間は何となく無言になるなぁ」と気づいたのがきっかけで始めた、私なりのひと工夫です。

成長するためのきっかけが、ふんだんに用意されている環境
ー 未来の同僚に送るメッセージ ー

調剤薬局にドラッグストアを併設している店舗も多いため、OTC医薬品や栄養食品などにも興味がある人にとっては学ぶことの尽きない職場になるのではと思います。また、ココカラファインには資格取得の助成制度もあるため、割安な費用で自分の知識をさらに深め、広げていくことが可能です。
薬剤師として、薬に関する知識を常にアップデートするのは当然ですが、それ以外の健康にまつわる多様な知識を備えていれば、それだけ地域の方々の役に立てると思います。そういった姿勢を保ち続けるのは、お客様・患者様と長いお付き合いをしていくために必要なことですし、自身のステップアップにもつながっていくと感じます。

PAGE TOP