お客様が、スタッフが、何を考え望んでいるか
それを読み解き業務に活かしていけるだけの
キャパシティーを備えたい

全国職

宍戸 遼太郎

ドラッグ事業部
2013年 入社

登録販売者資格所持。綿密な企業研究を行ったのち、第一志望と定めたココカラファインに入社。就活時には、自宅近隣以外に旅行先でも店舗見学を行った。「明るい雰囲気の店舗が多く、『この人と一緒に働いてみたい』と感じる方とたくさん出会いました。今振り返ってみても、このときの感触は間違っていなかったと思います。そして現在の私にとって、先輩は図書館のような存在です。自身の経験や会得した情報を惜しげもなく提供し、私の成長につながるヒントをたくさん与えてくれていますから」

異動があっても続く、確かな人間関係に支えられ
さらに成長していくことで
お客様もスタッフも居心地の良い店舗づくりを

入社以来、比較的頻繁に異動があったおかげで、多種多様なタイプ・スタイルの店舗を経験することができました。出会った上司や同僚の数も多いため、さまざまな方向から業務に関するアドバイスをいただけたのが良かったと思います。店舗を変わるたびに新しい「何か」を得ることができたので、現在はそれを活かして日々の業務と向き合っているつもり。当初は与えられた仕事もこなしきれなかった私ですが、今では担当の売り場に仕入れる商品の選択まで任せてもらえるようになり、さらに仕事がおもしろくなってきました。また、接客販売という基本業務だけでなく、店舗の運営についてまで考えを巡らすなど、自身の視野も広がってきたように感じます。
それでも、足りない部分はまだまだたくさんありますね。特に苦手なのが、仕事を人に任せること。何でもひとりで抱え込みがちなところを正していき、同僚たちと「チームとして」業務を行えるようになることが、現時点での課題と自覚しています。自分の性格にも由来しているのですぐに直るとは思いませんが、幸い私には心強い仲間が大勢います。現店舗のスタッフはもちろん、これまで勤務してきた店舗の方々とは今でも交流がありますし、私のことを変わらず気にかけ続けていてくださる上司もいる。この恵まれた環境を活かして自身のキャパシティーを広げ、まずは店長に。そしてさらに経験を積んだうえで複数店舗を管轄する統括店長となり、本部と各店舗をうまく結びつけていきたいーーそれが、私にとっての数年後の目標です。

これまでのキャリア

2013年
販売スタッフ(全国職)としてココカラファイン入社。
2013年 4月
関町店に配属。会社説明会で何度も顔を合わせ、憧れを感じた先輩社員と一緒に仕事ができるという幸運に恵まれる。会う機会は減ったが、彼は今でも自分にとって頼りにしている先輩のひとり。
2013年 8月
神楽坂上店に異動。アットホームな雰囲気に満ちていた前店から一転して、来店客数も多く賑やかな店舗へ。
2014年 1月
府中けやき通り店に異動。東日本地区で、常に売り上げ上位を占めている店舗。近隣に競馬場やサッカースタジアムがあることから、土日の忙しさはかなりのものだった。
2016年 1月
吉祥寺サンロード店に異動。徐々に後輩の育成にも関わるようになる。相手の性格を見極めて、適した指導をしていきたいと努力中。

個人と店舗の力量アップに直結した研修制度
ー ココカラファインの人材教育 ー

企業としてのココカラファインの魅力のひとつに、充実した研修制度が挙げられると思います。その特徴は、参加した翌日すぐに活用できる知識が多数得られるというところ。私はさらに、それらの知識や情報を自分なりにシートにまとめ直し、自店のアルバイトやパートの方に向けて説明を行い情報共有、店舗スタッフ全体の質の向上を目指しました。
複数ある研修の中には、私自身も取得した登録販売者の試験対策講座なども用意されています。これら実践的かつ細やかな研修は、社員個人の能力向上にしっかりと役に立ち、ひいては店舗全体の「おもてなし」レベルをアップさせることにもつながっているのではないでしょうか。研修が単なる講習会のようなもので終わらず、一連の流れを持って機能しているのは、ココカラファインの大きな強みと感じています。

海外からのお客様にも、快適に買い物を楽しんでいただくために
ー 店舗の特徴に合わせたひと工夫 ー

昨今は、海外からのお客様も多くご来店されるようになりました。しかし、お客様も私たちスタッフも、誰もが流暢に英語を話すというわけではありませんから、どうしても商品のご案内に時間がかかってしまいがち。そこで当店では、ジャンルを問わず、海外の方によく売れる商品を集めた免税コーナーを設けました。それにより、お客様は目的の品を探しやすくなりますし、スタッフもスムーズなご案内ができるようになったと感じます。
そのほか、個人的に心がけているのは、それぞれのお客様の母国語で「ありがとう」と言えるようにしておくことです。小さなことではありますが、やはり母国語を耳にすると皆さん喜んでくださいますね。多くの国があるなかで日本を旅行先として選び、買い物の場所としてココカラファインを選んでくださったのが嬉しいからーーひとつでも多く楽しい思い出を刻んでいただきたいと思い、実践しています。

PAGE TOP