それぞれに異なる背景を持つ患者様、すべての方から
親しまれ、頼ってもらえる薬剤師になるために
自分が「今」やるべきことを考え続ける

薬剤師

小林 陽

調剤事業部
2015年 入社

調剤だけでなくOTC医薬品の販売にも触れられること、在宅調剤の推進に熱心なことに魅力を感じて入社を決める。「OTC医薬品をご紹介するのは、調剤とはまた違ったおもしろさがあります。患者様の症状などを伺って自分で『考え』て薬を選択しますから、頭の中で知識の復習ができて勉強にもなると思うのです。また、薬剤師は意外と『話す』『何かを聞き出す』機会が多いですから、その訓練にもなるのではないでしょうか」

学生時代から興味を持っていた在宅調剤
働き始めて関心を持つようになった店舗の運営
その両方面で力を発揮し、患者様の健康を支えたい

学生時代、日本薬学生連盟が主催するセミナーに参加、そこで出会ったココカラファインの人事の方に「一度店舗を見に来てみたら」と勧められるまま、砧店を見学に訪れました。現場を目にしてみると、調剤薬局としての設備も非常に整っていましたし、そのうえで在宅調剤にも熱心に取り組んでいます。その様子から「この会社は、今だけでなく時代の先を見て動いている」と感じ、自らもその一助になりたいと考えたことを覚えています。現在勤務している店舗ではまだ在宅調剤の例はないのですが、今後を見据え、個人的に勉強を スタートさせていきたいと思っています。薬についてはもちろん、ケアマネジャーなど介護関連の仕事についての知識も得たい。それが、いつか在宅調剤に触れるチャンスが来たときに活きるはずと思うからです。
そんな希望を抱きつつ、今は日常業務をよりスムーズに行える方法を考えながら仕事に取り組んでいますね。複数いる薬剤師がどう動けば患者様をお待たせせずに薬をお出しできるのか、そのために自分は何に気遣うべきなのか。最近では、広く周囲に目を配り、気を遣うこともできるようになってきました。それとともに、店舗経営にも興味が湧いてきたのはひとつの変化。日々の気づきをもとにして、業務の分担や作業の効率化などを改善し、その効果を患者様の便利や快適につなげていける薬局長になるとの目標も生まれました。進化を続けるココカラファインと自分自身の歩調を合わせ、時代に即した形での「患者様の便利・安心」をご提供していきたいと思っています。

これまでのキャリア

2015年
薬剤師(地域職)としてココカラファイン入社。
2015年 4月
ココカラファイン代々木上原南店に配属。全スタッフが患者様の利便性向上と業務の効率化を両立させようと努力している店舗。そのぶん、仕事においても非常にメリハリがついているという居心地の良さがある。

「話をしやすい薬剤師」であるために、小さくてもできることを
ー 日々の業務で心がけていること ー

インフルエンザが流行する時期などには、私たち薬剤師もマスクをつけたまま患者様と接することが多くなります。医療関連機関として当然の配慮とも思うのですが、患者様からは表情が見えにくくなるのが難点です。ですから私は、意識して口調を優しく、親しみやすく、できれば「目で笑う」ように心がけて接客しているつもりです。調剤薬局に来る患者様は、基本的に体や気持ちが弱っている方。そんな方々に、余計なプレッシャーは与えたくないですからね。また、私は比較的身長が高いので、普通にしていると患者様を見下ろすような感じになってしまいがち。そこで、お薬を渡すテーブルで下半身が隠れるのを幸いに、やや足を広げて立って、視線の位置を下げるといった工夫もしています。患者様と自然に視線を合わせることができるだけでなく、自分の筋力トレーニングにもなる(笑)ので一石二鳥かもしれません。

国籍にかかわらずあらゆる患者様を「おもてなし」するために
ー今後につながる私の努力ー

周囲に大使館などが点在していることもあり、外国人の患者様が多いのが私の勤務する店舗の特徴だと思います。正直、英語はそれほど得意ではありませんが、必要に駆られて薬剤師向けの英会話ハンドブックを購入、それを活用しながら薬についてのご説明を行っています。また、書籍に頼るだけでなく、独力でも英語を勉強。すぐに大きな成果が出るわけではない地道な努力ですが、これからの社会ではせめて自分の仕事に関わる内容くらいは英語で話せないといけないだろうと、コツコツ学びを進めています。今後他店舗に異動になったとしても、英語力があることは自分のアドバンテージになると思いますから、頑張りがいがありますね。

PAGE TOP